本当は教えたくない代理店契約のABC

代理店契約ってどんなもの?

代理店契約ってなにか知っていますか?たとえば、自分の畑で野菜を育てているとします。そしてその育てた野菜をを売りたいと思っていても、自分では野菜をうまく売る方法はわからないし、また自分は畑を見ておかなきゃいけないしそんな手間もない。 そんな時に使うのが代理店契約となります。代理店とはその名の通り販売などをを代理してくれる業者となります。さっきの例でいうと、畑で育てた野菜を売りたいのだけど、売るノウハウと手間がない。ならそのノウハウと労働力をもっている代理店に売ってもらえば、畑で野菜を育てている人は収入を得ることができます。逆にいうと、代理店は野菜を育てる土地やノウハウはないので、野菜を売る部分のみを担うことで、野菜を作っている人から収入の一部をわけてもらうことができます。

代理店契約ってどう結ぶの?

ではさっきの例で紹介した代理店と契約するためには、まず代理店を探さねばなりません。(代理店の方から営業をかけてきて、契約を行う場合もあります。)代理店を探す場合、まずその代理店が何を売るのが得意か見分ける必要があります。代理店はなんでもかんでも売ってくれるころはあまりなく、たいていの場合、何かに絞って販売を行っています。例えば、自分が売りたいものが野菜であるにも関わらず、貴金属を販売している代理店に声をかけても、契約してくれないでしょうし、そもそも野菜を売ることができません。なので野菜の販売を得意としている代理店を差が必要があります。 また、代理店との契約で大切なのはお金の部分です。売った量の分だけ代金を支払うのか、毎月一定の額を支払うのか、など様々な契約方法がありますので、気をつけなければなりません。